レーシック手術で失敗しないために・・・

レーザーを使った近視治療ができる視力回復手術。通称レーシックについて。スーパーイントラレーシックなど手術術方法は何が良いのか?レーシックの安全性や危険性についてやさしく解説。当サイトの情報がみなさまにとって少しでも参考となれば幸いです。

いま流行のイントラレーシックについて

イントラレーシックとは通常のレーシックを一歩進めたものとして、日本でも徐々に普及してきている新しいレーシックです。アメリカなどで通常のレーシックが普及し始めたのは1990年代のことですが、イントラレースFSレーザーによる手術が開始されたのは2001年になってからのことです。

イントラレーシックと通常のレーシックとの最も大きな違いは、フラップの作り方にあります。

通常のレーシックではフラップを「マイクロケラトーム」と呼ばれるカンナのような器具で作ります。一方、イントラレーシックではフラップを「イントラレースFSレーザー」と呼ばれる高精度のレーザーを使い、コンピューター制御のもとに作っていきます。

マイクロケラトームを使ったレーシックの安全性にも全く問題はありませんが、フラップの作成にコンピューターが導入されていることから非常に緻密で正確な作業が可能となり、より安全性がアップ。従来のレーシックでは対応しきれなかったような重度の近視や乱視でも矯正できるようになったのです。

イントラレーシックは通常のレーシック以上に安全性の高い手術ですが、欠点が無いわけではありません。それは、コンピューターを使っての手術になるため、手術時間が通常のレーシックよりも若干長くかかるということ。

手術後、目の状態が回復するのにも通常のレーシックより時間がかかることが多いようです。

それに、通常のレーシックで起こり得る合併症のほかに層間角膜炎(DLK)が起こる可能性もあります。術後しばらくは目の状態に特に気を遣い、注意したほうが良いでしょう。

また、イントラレーシックは新しい技術だけに手術例が少なく、日本でも手術を受けられるクリニックが少ないという難点もあります。

近視や乱視でモノがぼやけて見えるというのは、角膜の屈折に何らかの異常があり、網膜の上できちんと像を結ばない状態になっているから。目の奥で、いわゆるピンぼけ状態が起こっているからです。

レーシック手術を大雑把に説明すると、網膜の上で像がうまくピントを合わせられるよう、レーザーで角膜を薄く削ることによって屈折を矯正するという手術です。

手術に使われているレーザーは「エキシマレーザー」と呼ばれるもの。日本ではこのエキシマレーザー装置による手術が2000年に認可されました。

レーシック手術はまだまだ新しい技術だけに1年ごとの進歩が大きく、レーシックの手法も年々より高度なものへと進化していますが、スタンダードなレーシックではおおまかには・・・

(1)麻酔後、専門の器具で160μmほどの厚さで角膜を削り、フラップと呼ばれる丸いフタを作る。

(2)フラップが開いた状態で高精度のエキシマレーザーを照射し、角膜の厚みを調節して屈折率を矯正する。

(3)フラップを元に戻し、消毒する。

というステップを辿ります。この一般的なレーシックのことを「ケラトーム」と呼ぶこともあります。

目の手術というとなんだか怖いようなイメージがありますが、手術中は麻酔をかけていますしレーザーもごく弱いものですので、痛みはほとんどありません。手術時間は20分程度と短い上に入院の必要もなく、手術後しばらく様子をみて、医師の許可が下りればすぐに帰宅することができます。

麻酔から醒めた後の痛みについては手法によっても異なりますが、一般的なレーシックではしみる感じや初めてハードコンタクトレンズを装着したときのような違和感がある程度で、痛みが出るケースはほとんどみられません。

わたしたちはよく「視力が1.5だから目が良い」「視力が0.8から0.5に下がった」などと言ったりします。

子供の頃には学校で、そして大人になってからは運転免許証を取得・更新する際など、誰でもがこれまでに何度も視力を測った経験を持っていることでしょう。この「視力」とは一体どういうものなのでしょうか。

視力とは、物の形を見分けたり、離れた2つの物体を別の物として認識する能力のことをいいます。視力は機械で測定することもできますが、わたしたちにとって最もなじみが深いのは大小の「C」のマークや文字などが並んだ表を片目ずつ読んでいくという方法でしょう。

この「C」のマークは「ランドルト環」と呼ばれる世界共通のもので、20世紀初頭からすでに視力の測定に使われていました。そして、定められた大きさで表示されている環を5m、または3mの位置から見て、どの大きさのものまでが見分けられたかによって、視力が決定されることになります。

視力は0.5、1.0などといった数値で表しますが、最近では1.0以上の視力があればA、0.3未満であればDというように4段階に分けたアルファベットで表すことも少なくありません。

一般的には1.0以上の視力が正常であるとされていますが、両眼で0.7以上の視力があれば日常生活にはそれほど支障はなく、裸眼、または眼鏡やコンタクトレンズを使用した状態で0.7以上の視力があれば運転免許証の取得が可能です。

ただ、本来の意味での視力には、これ以外にも様々なものがあります。例えば、わたしたちが通常「視力」と呼んでいるものは、大抵は自分や対象となる物が静止状態にあるときに測った「静止視力」に当たります。

このほかに、動いている物を瞬間的に見分ける「動体視力」や物体の遠近感・立体感を正しく認識する「深視力」なども視力のひとつで、これらも運転免許証を取得・更新する際のチェック項目のひとつとなっています。

 
Copyright ©  レーシック手術Q&A!安全な病院の選び方 All Rights Reserved.